FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦物語 ネタバレ感想 こよみマウンテン (失われていたプロローグ)

化物語シリーズ最新作、暦物語を読みました。
暦物語 (講談社BOX)
暦物語 (講談社BOX)

こよみマウンテン


「正すべきは正さないと   たとえそれが無意味でも、そして不可能でも。意味がないからと言って、間違いを正さないというのは、違うと思いませんか? 阿良々木先輩」


まさかの扇ちゃん!?
時系列的には囮物語の直前、もしくは裏で   表で囮の物語が進行している状態ですね。
なので、色々と囮物語とのリンクもあって……これを読んでから囮物語を読んでも、面白そうです。
例えば  


<忍野扇>
「叔父さんが取ったのは、受け身の手法ですからね。防御はしましたけれど、攻撃はしていません
「わかりやすく言いますとですね。
次にハートアンダーブレード級の怪異が訪れたときの対策打ってはいないと思うんですよね」
「さしあたっての安全が保たれた以上、次にするべきは、吹き溜まり自体に対策を打つということだと私は思います


扇ちゃんは、北白蛇神社が信仰すべきものを失い、空っぽの「吹き溜まり」になっていることを不快に思っていました。
ちゃんとするのが好きな彼女は、ちゃんと機能していない神社に、そんな事を思っていました。
忍野によって、その吹き溜まりに溜まった悪いモノを一掃することには成功しましたが……アフターケアは。
北白蛇神社を、悪いモノが集まってしまう   「吹き溜まりでなくす」ことは出来ませんでした。
そのため、扇ちゃんは裏で手を回し、表に手を出し   あの物語のキッカケになるのです。



撫子「暦お兄ちゃんなんて大っ嫌いだよ!



とある失恋した女の子をそそのかし。
  神に祭り上げる、キッカケに



簡単に説明すると……囮物語で、撫子は扇ちゃんにそそのかされて、北白蛇神社に神がいないことを知り、神の復権を考えました。
その結果、撫子は   自分が神になってしまいました
恐らく……そこまで。
そこまで、彼女   忍野扇は、狙っていたんでしょうね。
千石撫子を、北白蛇神社の新しい神様にすることを。



<憑物語での発言>

「ちゃんとしているものは、気持ちいいですからね



ちゃんとしてない神社に、ちゃんと  神様を据えることを。



……囮物語の最後を読めば、撫子という神様を据えることによって、神社は再建、という……扇ちゃんの狙い通りの展開になったことは分かりますもんね。
だから……この短編は、囮物語のトリガーになった扇ちゃんが、その下調べをしているシーンで、囮物語の   プロローグみたいなものでしょう。
囮物語では扇ちゃんの真意   もとい心意は分かりませんでしたから、この短編は、その蛇足としての序章なんだと思います。
読み終えた時はあまり印象的でもなかったけど、こうして記事に起こしてみると……かなり色々と思うところのある短編でした。



以上、暦物語・こよみマウンテンの感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。