FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ猫物語白】 つばさタイガー其ノ壱 感想 (「阿良々木くんに迷惑をかけるのが嫌なら、私を巻き込んで頂戴。そうね、一緒に死んであげることぐらいはできるわ」by戦場ヶ原ひたぎ)

(今回の記事はアニメ[化物語セカンドシーズン]を見た僕が思ったことをただ書き連ねる、ただの感想ですので、過度な期待はせずにw、温かい目で見守ってやってください)
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

……丁寧に作られてる!!

うわー何これー、原作厨としてはすげー嬉しいんですけどーw。
以下、パートごとの感想です



『アバン』


羽川羽川翼という私の物語を、しかし私は語ることが出来ない


あー、もうこの最初の言葉で   化物語始まったな、という感がありますねw。
でも新鮮なのは、いつもは阿良々木くん語りで始まるのに、バサ姉語りだっていう所ですかね。
セカンドシーズンは阿良々木くん語りでない話が「結構」あるので、原作未読の方はそのへんのことも楽しみにしていただければ。
特に●物語は……ホント、語り部をぶん殴りたくなりますよ?w


羽川《さあ。悪夢から目覚めるときがやってきた。》




『OP』

バサ姉が可愛い……だと……?←こら。

また楽曲も、ダークでロックな一作目「sugar sweet nightmare」に、フォークでバラードな二作目「perfect slumbers」と、どっちも「もの悲しさ」が滲んでいたバサ姉の曲でしたが、この曲はその成分が今までで一番薄い感じがして、良いですね。
……歌詞をちゃんと読みこんでみたら、切なさが隠れている、とかでも面白いかもしれないですけどw。




『Aパート』

八九寺「学業に勤しむというのもな並々ならぬ重労働ですよねえ。かく言うわたしも小学生の身ではありますが、数々の艱難辛苦を乗り越えつつの日々に身をやつしております」
羽川「へえ……」

《この子やっぱり阿良々木くん以外の人間と喋るときは全然噛まないなあ

   ここら辺は面白いですよね。
偽物語で、阿良々木くんは色々な女の子と愉快な会話を延々していましたが、それは阿良々木くんとの会話だからこそだった、っていうのは。
なんだろう……あの男には、コメディを混ぜないと物語を進行させられない呪いでもかかってるんですかね?w



虎『ふむ。白い   白くて、白々しい

虎さん出たー!!
声がイメージと違うー!!w
……もっと、渋みのある声っていうか……ね?w
いや、まあこれもすぐに慣れるでしょうけど。
  虎さんに関しては、触れるとネタバレ必死なのでこれ以上は書きませんw。



 羽川  「戦場ヶ原さん、聞いて聞いて。私、今日学校に来る途中に、虎さんと出会っちゃった」
戦場ヶ原「あらそう。ところで羽川さん、私はその話を詳しく聞く義務があるのかしら? 聞いて聞いてというのは、前置きじゃなくてマジなお願い?

ガハラさん、毒が抜けてもキレキレだなぁw。
というか、こういう   バサ姉とガハラさんっていう、女の子二人だけのショットって、アニメで見ると新鮮ですね。
これも、セカンドシーズンならではの、阿良々木くん視点ではない物語の特長というか、長所というか、ですね。

戦場ヶ原「素直に頼ってあげていいと思うわよ。彼はいつだってそれを望んでいる。昔、ゴールデンウィークにあなたにそれができていたら   

内容も、阿良々木くんがその会話にいたんじゃ、絶っっっ対に話せないものでしたしねw。
一応……ガールズトーク……なのかな?w



羽川「私の家が、火事だ

自宅が全焼して、親にも友達にも頼らずに、野宿しようって結論に至る彼女は   強すぎますよね。
このエピソードも、バサ姉の異常性を上手く描き出してるよなぁ。




『Bパート』

戦場ヶ原「馬鹿っ!」
「馬鹿っ! 馬鹿っ! 馬鹿っ!」


「お……女の子がっ! ひとりで! こ、こんなところで寝泊りして……っ! なにかあったら、どうするのっ!



羽川「……ごめんなさい」

……ガハラさん、マジ良い子。
これ、映像にされると   すげー良いな!!w
読んでる時は「あー、良い子だなぁ」ぐらいにしか思わなかったけど、泣いてるガハラさんを見ると……本当に心配してたんだなって改めて気づけました。

戦場ヶ原「私は羽川さんの裸を見たいだけで、それ以上のことをするつもりはないわ
 羽川  「…………」
戦場ヶ原「お願いします、羽川さん。私と一緒にシャワーを浴びてください

   新しいキャラもつきつつあるけどw。
こういう小ネタをアニメでも拾ってくれるのは、嬉しいですねw。


戦場ヶ原「阿良々木くんのこと、今でも好き?



羽川「うん。今でも好きだよ



あー……あと四話、楽しみだなぁ(しみじみ)。




『ED』

ryoさん作曲じゃない曲が、エンディングなんて認めない!   と言うと思ったsupercellファンの皆さん……謝っておきます、ごめんさい。
僕、じんさんの曲も   超好きなんですw。
ということで……凄く良いと思います!(ちなみに、僕の知人は「supercellを出せ」と息巻いてましたw)。




いやー、面白かった!!
2クール……ずっとこうやってブログ感想記事を書き続けられるかは微妙ですがw、生きる希望が増えました!
ですが、一つ苦言を言わせてもらうなら……映画の「傷物語」を公開してもらわないと、●物語のカタルシスが薄くなること請け合いなんですけど!!w
えー、原作未読の皆さんに、マジなアドバイスとして言わせてもらいます   今のうちに「傷物語」だけでいいんで読んでおきましょうw。
損は、西尾維新がさせません。



以上、猫物語白・つばさタイガー其ノ壱の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アニメほんとに丁寧に作られてましたね!!
OPのバサ姉が可愛すぎて中毒になりそうですwww

物語を進める上で外せない部分をしっかり押さえながら
ギャグ要素もキッチリ入れるという・・・。
必要十分な仕上がりだと思いました。シャフトさん、さすがっす!!!!ww



> すこっとさん
お久しぶりです!
コメ、ありがとうございます!


> アニメほんとに丁寧に作られてましたね!!
> OPのバサ姉が可愛すぎて中毒になりそうですwww
> 物語を進める上で外せない部分をしっかり押さえながら
> ギャグ要素もキッチリ入れるという・・・。
> 必要十分な仕上がりだと思いました。シャフトさん、さすがっす!!!!ww

ホント……丁寧に作られてるのは、シャフトに感謝しなきゃですよねw。
猫黒の時も思ったことですが、原作に対する配慮――というか、原作ファンへの配慮がすごいですよねw。
笑える会話とストーリー、その二つの折り合いが上手いというか……つまり、脚本家スゲーな、とw。
これからも、シャフトの作る物語に一緒に浸れるといいですね!!


ではでは~v-422
プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。