FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ猫物語白】 つばさタイガー 其ノ貮 感想 (Can you say 「I love you」?)

(今回の記事はアニメ[化物語セカンドシーズン]を見た僕が思ったことをただ書き連ねる、ただの感想ですので、過度な期待はせずにw、温かい目で見守ってやってください)
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

シャワーシーン長くない!?w

いや、いいんだけどね! むしろありがたいんだけどね!!
何なら、Aパートまるまるそれでもよか(←落ち着け)。
以下、パートごとの感想です。



アバン


羽川何でもは知らないけれど、阿良々木くんのことは知っていた


バサ姉から語られる、阿良々木くんの話……新鮮ですねぇ、やっぱ。
このアバンで語られた事で、特に印象的だったのは   「ファイヤーシスターズの活動は阿良々木くんの行動の焼き直し」だったってところですかね。
このへんは偽物語なんかと繋がってきますよね、主に   「阿良々木くんにファイヤーシスターズを攻める資格無いじゃねえか」という意味でw。
まあ、当の本人も、自分のことを棚上げしてるってことは気づいてたんでしょうけどね……自分もその「正義」でありながら、妹達が「正義」であろうとしてるのを責めているのは、矛盾していることに。
   なんて、戯言なんですけどね。


羽川《私はそんな彼を、いつからか好きになってしまったのだ   それがいつからなのかは、もう少し後で話そう




Aパート

…………もう一回言いますね?

シャワーシーン長くない!?w

この二人、いつまで二人でお風呂に入って百合百合してる気なんだよ!w
バサ姉の語りがぜんっぜん頭に入ってこないよ!!
……シャフトありがとう!!!w(本音)
ご、ごほん……と、とにかく   この辺りは、ガハラさんがキレキレだった気がしますね。



戦場ヶ原「もう一組、お父さんの分の布団があるんだけれど、どうかしらねえ。四十過ぎの中年のおじさんが普段使っている布団に、女子高生を寝かせるというのは抵抗があるわ。うん、これは仕方ない、羽川さん、私の布団で一緒に寝ましょう
 羽川  「…………」
戦場ヶ原「大丈夫、大丈夫、大丈夫。安心して、絶対何もしないから。同じ布団で寝るだけ。指一本触れないから

なんつーポーズで一緒の布団に寝ることを懇願してんだ、ガハラさんw。
これ、録画した人は是非見直して欲しいです……この人、最初はツンドラって呼ばれてたんですけどねw。
丸くなったなー、ツンドラ少女w。



羽川「じゃあ何の話をする?」
戦場ヶ原「そうね……阿良々木くんのどこが嫌いかという話をしましょう」
羽川「   乗った

あー、女子怖いw。
原作によると、この後……。

羽川《その後私達は三時間にわたり、思いのたけをぶつけあった》

んですって……女子怖い!
あれか、これがガールズトークか!!w(←混乱中)
ジャンル的にはラノベに区分されるはずなのになあ……こういうとこ、変にリアルだから困るw。
まあ、だからこそ   キャラが立ってて面白いんですけど。




Bパート

ブラック羽川「んー……にゃっ」

《説明するするまでもなくもうわかったと思うが、ご主人、つまり羽川翼が寝たときに章が飛んでいるのは、こうやって俺が登場していたからにゃん

遂にここで、章数が飛んでいたネタバラシ、と  

戦場ヶ原「部屋に入る前に、足を拭いてくれる?

   ガハラさんと、ブラック羽川が邂逅しましたね。



《ブラック羽川に、手を差し出すひたぎ》

ブラック羽川「……? にゃんのつもりにゃ?


戦場ヶ原「いや、初めましての握手をしようと思って


いやー……ホント、ガハラさんはカッコイイw。
神原のエピソードの最後とか、貝木のケータイ折った時とかw、カッコイイシーンは数あれど……このシーンもカッコいいですよねぇw。


物語は戻って……猫物語黒で、阿良々木くんは  

阿良々木「そんなこと!    



羽川「……そう、それで正解にゃ



彼女に触れることが、障ることが出来ませんでした。
それを、彼の  

《ブラック羽川の手を、ギュッと握りながら……》



戦場ヶ原よろしくね   羽川さんのこと、よろしく」



阿良々木くんの彼女は。
羽川翼の友達である、彼女は   間違えずに
その手を伸ばして、触ることが出来ました

……同じ猫物語という題名の二作品の、この対比は見ててグッと、というか   グサッとくるものがありますね。




羽川「でも料理って、味がなくてもおいしいじゃない


戦場ヶ原「決め手となる発言が登場したわ
 羽川  「え? 私はただ、味はあってもなくても一緒だって言ってるだけだよ?」
戦場ヶ原「問うに落ちず語るに落ちるとはこのことだわ


最初のバサの言葉は、本気で名言だと思いますw。
羽川翼、というキャラクターを一言で、完膚なきまでに説明した言葉だと思います。

戦場ヶ原「羽川さん、そういう生き方ってどうかとは思うわよ。食生活に限ったことじゃなく、あなたってこう……



「なんでもかんでも、受け入れちゃうじゃない」



味付けが分からないわけじゃない。
ただ、羽川翼は……味がいらない
生きる上での「遊びの部分」がわからないんじゃなく。
「遊びの部分」が   いらない


戦場ヶ原「嫌いなものがあるっていうのは、好きなものがあるのと同じくらい大切なことじゃない   それなのに、あなたは何でもかんでも受け入れちゃうじゃない。私のこともそうなのかもしれないし、阿良々木くんのこともそうかもしれない


羽川翼は、嫌いなものがない
何もかもを受け入れ、何もかもを許す。
例え   それが、正しくないものだとしても。
正しくないことを注意こそすれ……嫌ったりはしない

猫物語黒での発言》

羽川駄目だよ、お父さん」



女の子の顔を殴ったりしたら




嫌うことは、出来ない
   正し過ぎる、彼女には。



戦場ヶ原「味の好みは似通っているのではなく、私の好みを羽川さんの好みが包み込んでいるというだけのことだったのね   いえ、羽川さんは好みとは言えないかもしれないわだって、なんでもどれでも好きなんじゃあ、どれもおんなじみたいなものだものね


そんな   嫌いなものがなく、全てを好きである彼女が。
恋した彼は……   本当に




戦場ヶ原「あなた、本当に阿良々木くんのこと好きだったの?



たった一つの「特別」と、言えるのだろうか?



戦場ヶ原「今でも阿良々木くんが好きだって、もっかい言える?



何でもが好きな彼女が、好きなは。
本当に   「特別」な人なのだろうか?





うん、今週も最高でした!
原作もテンポが良い方だから、サクサク進んで飽きさせませんしね。
アニメは入浴シーンとかもあって、目にも嬉し   げふんげふん。
来週も入浴シーン楽しみだ!(←誰も騙されない嘘やめろ)



以上、猫物語白・つばさタイガー其ノ貮の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つばさタイガー其ノ貳、やっと視聴できました。
今週もよかったですね!!

原作では少しの描写で終わったシャワーシーンがきちんと映像化されていて
非常に満足しましたwww(謎の光がいい仕事し過ぎでしたが・・・)

テンポのいい戦場ヶ原と羽川の掛け合いの中で、羽川の「異常性」(忍野が言うところの「気持ち悪さ」)が
しっかりと描写されていて原作厨にも納得の出来だったのではないかと思います。

最後のシーン。

戦場ヶ原「今でも阿良々木くんが好きだって、もっかい言える?」

のシーンがつばさタイガー其ノ壱のラストのシーンと対照的に描写されているのも、印象的でした。

ホントに作り手側の熱意が伝わってきますよね!!
今期一番期待できるアニメと言っても過言ではないと、個人的には思っています。

> すこっとさん
いつもコメ、ありがとうございます!!


> 原作では少しの描写で終わったシャワーシーンがきちんと映像化されていて
> 非常に満足しましたwww(謎の光がいい仕事し過ぎでしたが・・・)

謎の光に関しては、あれですね……BDやDVDでは消えているのを願うしかないですねw。


> 最後のシーン。
>
> 戦場ヶ原「今でも阿良々木くんが好きだって、もっかい言える?」
>
> のシーンがつばさタイガー其ノ壱のラストのシーンと対照的に描写されているのも、印象的でした。

あー、確かに!!←指摘されて気づきましたw。
壱のラストシーンには、バサ姉の「うん。今でも好きだよ」がありましたもんね……うーん、そう考えると好対照ですね。
というか……そう考えると、一週ごとに、あんなに綺麗にキリの良い所まで話を進めるのって、すごいですよね。
もう何度も書いてますけど、やっぱり脚本家に恵まれてますねw。


> ホントに作り手側の熱意が伝わってきますよね!!
> 今期一番期待できるアニメと言っても過言ではないと、個人的には思っています。

本当、理想的なアニメ化ですよね。
これで、傷物語さえ早くやってくれれば文句はないんですけど……w。


ではでは~v-422
プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。