FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ猫物語白】 つばさタイガー 其ノ参 感想 (Can you see the 「Dark」?)

(今回の記事はアニメ[化物語セカンドシーズン]を見た僕が思ったことをただ書き連ねる、ただの感想ですので、過度な期待はせずにw、温かい目で見守ってやってください)
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

……バサ姉お風呂入りすぎじゃね?w

原作読んでる時は、そんな事全然意識してなかったんだけどなぁ……こんな入ってたかなぁw。
取り敢えず言いたいことは   今週もありがとうございます!!w
以下、パートごとの感想です。



アバン

戦場ヶ原「いえ、昔から考えてはいたのよ。阿良々木くんと羽川さんの違いって、どこにあるのかって。
危うさに対する認識が違うのよ。阿良々木くんとあなたでは。
「たとえば、道路でクルマに轢かれて死んでいる猫がいるとして   その猫を埋葬してあげるという行為は、きっと正しい。羽川さんはそうするんだと思うし、阿良々木くんも、なんだかんだ言いながらそうするかもしれない。
「違うのは、この『なんだかんだ言う』、という部分なのよね、きっと。
「自分が『いい人』、『善人』であることを周囲に知られることは、人間社会では非情に高いリスク   つけ込まれる可能性が非常に高い
悪ぶることが安全だということを、阿良々木くんは多分わかっている。
「対して羽川さんは、その辺が全く理解できていない   いえ、違うわ。きっとあなたにだって、そのリスクの存在はわかっているはず。


「だけどそのリスク   全然大したことだと思っていない


「たぶんあなたは白過ぎる……白無垢すぎる
「人からつけ込まれることがわかっていてもなんとも思わず善行に走り、集団の中で浮いてしまうことがわかっていても倫理的であろうとする。
「結論として、あなたはいい人なんじゃなくって、聖人でも聖母でもなくって……



闇に鈍いだけだわ」




三分弱のアバンで一気にバサ姉の核心に!w
これ、ちゃんと文字として読まないとあんまり伝わらない気が……。
   でも、やっぱりここら辺の、ガハラさんが考察した羽川論は面白いですよね。


羽川翼   彼女は、白すぎた
善行を貫き過ぎて、善人でい過ぎた。
確かに、この世界にも善人と呼ばれる人はいるし、聖人と崇められる人がいる。
しかし、そう呼ばれる人々は   そうあろうと。
自ら善人であろうとして、そうあります。

阿良々木くんで例えるとして……彼は、確かに善人です。
けれどそれは   そうでなければ、自分が我慢できないから
善人であることが、メリットではないことを   むしろデメリットであることを知りながらも、阿良々木くんは……困っている人を放っておけないから、その手を伸ばします

それに対して、羽川は……そうであることが、前提としてある
そもそも、困っている人に手を差し伸べない、という   選択肢が存在しない


つまり羽川は、善人であろうとして善人でいるのではなく。
彼女にとって、ただ当たり前のことをしているうちに   善人と呼ばれていた人間なんです


正しいことをする際に生じる危険を知りながら、それを脅威と認識しないまま
善人であり続けた   本物




戦場ヶ原「それじゃあ、野生として落第よ」



……アニメでは出なかったガハラさんのセリフに、

戦場ヶ原「今、そこにある危機を認識していながら危機感をかけらも持っていない。だからあんな廃墟で一夜を明かしたりできるのよ

というものがあります。
これなんかも、酷く核心をついた言葉ですよね。
つまるところ、羽川翼は……リスクに関するセンサーが鈍感なんでしょうね。
だからこそ、善人であり続けられた   「闇に鈍い」
ここら辺のことに関しては、原作の猫物語白を読んだ感想にも詳しく書いてあるので、興味がある方は是非。
 ↓
猫物語 白 (I wake up from a 「sugar sweet nightmare」)




Bパート

戦場ヶ原「でも本当、不思議よねえ。羽川さんみたいないい子が、ぐっすり眠れるベッドがこの世にないなんて。いやもう、この世に正義があるのなら、一体何をしているのかという感じだわ」
 火憐  「…………」
戦場ヶ原「おっと、ごめんごめん、こんなこと火憐さんに話しても仕方のないことだったわね。だって火憐さんは、あの阿良々木暦の妹だっていうだけで、所詮はただの中学生なんだから
 火憐  「…………」
戦場ヶ原「大好きなお兄ちゃんがいなきゃ何もできない火憐さんにこんな話をしても、迷惑だったわね。本当にごめんなさい。   じゃあ、そろそろ私行くわね。羽川さんの寝床同様、この世に正義がないということもわかったことだし


火憐「ちょっと待ったあああ!!!」


火憐ちゃんはバカだなーw。
善い子なのは間違いないんだけど、すげーバカだなー。
「お見舞いをおみまいしようかと思ってたところだったぜ」ってセリフがもう馬鹿だもんなw。
そして、ガハラさんはこういう嫌味が似合いすぎて怖いですw。
……でもこれも、バサ姉がこういう「お願い」を出来ないことを知っているからこその行動だと考えると   それでも言い過ぎかw。
ま、ガハラさんも「善い子」なのは間違いないですけど。




今週も面白かったです!
にしても……今回の記事は殆ど、アバンの「ガハラさんによるバサ姉考察」について書いちゃったなぁ。
だから、アニメの感想記事としてはあまり機能してない感があり……すみませんw。
猫物語白に関しては内容がマジメだから、記事も自然とこんな仕上がりになっちゃうんですよね。
傾物語では   もっとゆるーく、適当になる予定です!!w



以上、猫物語白・つばさタイガー其ノ参の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。