FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ傾物語】 まよいキョンシー 其ノ壹 感想 (「あ。そこにいるのは鬼のお兄ちゃんじゃないか。元気そうに生きているんだね、僕は安心してねたましいよ」by斧乃木余接)

(今回の記事はアニメ[化物語セカンドシーズン]を見た僕が思ったことをただ書き連ねる、ただの感想ですので、過度な期待はせずにw、温かい目で見守ってやってください)
傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

一話にして盛り上がってまいりました!!

引きは抜群でしたねー、忍ちゃんとの掛け合いはほぼカットですけど(ぼそっ
まあ、四話でやることを考えれば仕方のないことなんでしょうけどね。
忍ちゃんと阿良々木くんの掛け合いが知りたい方は、今すぐ原作を買いに書店へGO!
以下、パートごとの感想です。



アバン


阿良々木先輩、交差点の信号がすべて赤になる瞬間があるのをご存知ですか?


化物語において超キーパーソンとも言える存在、忍野扇ちゃんだー!!
……これ、原作読んでる人間からしたら   凄い勢いでマッチしてると思うんですけど、みなさんどうですか!?
個人的には、扇ちゃんの容姿に、あの目の濁り具合、そして中性的な声の感じ   と文句なしですね。
扇ちゃんという、原作でも一癖も二癖もあるキャラをあそこまで原作通りに再現出来た水橋かおりさんは、本当に素晴らしいと思います。
知ってる人は知ってると思うんですけど……原作での扇ちゃんの描かれ方って、結構メディアミックスに対するアンチ的要素を孕んじゃってるんですよね、活字としてしか存在出来ないっていうか、なんていうか。
それをここまで見事にアニメ化したというのは、本当にすげーな、と。
……たぶん、一番驚いてるのは西尾維新じゃないですかね?w




Aパート

阿良々木「なあ、斧乃木ちゃん」
斧乃木  「なんだい」
阿良々木「なんか違和感あるなあと思ってたんだけど、こないだ会ったときは、斧乃木ちゃんってもう少し変な喋り方をしていたと思うんだけど。ほら、台詞の最後に、常に『僕はキメ顔でそう言った』とかつけていたような」

斧乃木「黙れ」

斧乃木  「あれは僕の黒歴史……僕は二度とキメ顔なんてしない……」
阿良々木「いや、別に元よりしてなかったけどな

何故そんな風に思うなら、そんなキャラ付けしたしw。
ここら辺の斧乃木ちゃんは無表情キャラのくせに迫真すぎて、怖かったです。



斧乃木「鬼のお兄ちゃんの場合は不死身だ、死ぬと同時に不死身になったんだよ。つまり厳密に言えば   これは死んでいない
「対して僕は死んでいる。本当に死んでいる。そして死んだあとに生き返っている。生き返るというより、生まれ変わるというほうが正しいんだと思う。
「そしてあの女の子の幽霊の場合は   生き返っていない。死んで、生き返ることなく死んだままだ。それが幽霊といことなんだろう。生き続けてもいないし、生まれ変わってもいない。強いて言うなら、死に続けている


ねえ、鬼のお兄ちゃん。こうしてみると、誰が一番幸せなんだと思う?


うーん、ここら辺の差異は面白いですよねぇ。

一度死んでから、(正確には死んでいないけれど)不死身になった阿良々木くん
一度死んでから、生まれ変わった斧乃木ちゃん
一度死んだけど、死に続けている八九寺

永遠に生き続ける青年、新しく生き始めた童女、死んだまま続いている少女。
その誰もが一度死を経験して、終わらなかった者たち。
斧乃木ちゃんも言っていることですが、死んで「終わらない」というのは少なからず幸せなことだとは思いますが……普通に生きているわけではない彼、彼女らが、その胸中に複雑な思いを抱くのは必然ですよね。

斧乃木「鬼のお兄ちゃん。その子に今度会ったら、僕の代わりに訊いておいてよ


幽霊になって、幸せかどうか


……その問いに、少女はどう答えるんでしょうね。




Bパート


「混沌を支配する赤き闇よ! 時の流れを弄ぶ球体をいざ招かん! 巡りに巡る終末の灯火をただ繰り返し、溢れ出す雷で空を満たせ! 黒を歩む者、灰を泳ぐ者! 罪深きその忌み名をもって自らを運び屋とせよ!


呪文を詠唱し始めただと!?w
原作ではこのセリフ↑を言って、阿良々木くんがツッコんでいましたw。
にしても……無駄に良い演出だな、シャフトw。
流石、魔法とか扱わせたら一級品だな! 特に魔法少女的な意味で!



阿良々木  「今、西暦で言えば、何年?
女子中学生「えっと」

<阿良々木>
《女子中学生は答えた。
 今から、あるいは未来から、十一年前の西暦を。》

うん、タイムスリップし過ぎw。
宿題をやるために昨日に戻ろう! という趣旨だったのに   どうしてこんなことにw。
ただ、これからの展開が……ワックワクのドッキドキだよね!




傾もイイ感じですね!
ただ……忍ちゃんとの掛け合いはやっぱりバツッとカットされてますね。
忍ちゃんの「来るもの拒まず! それが儂という女じゃ」とか「じゃったら儂のこと好きって言って?」とか「もういいわい! お前様なんかだいっ嫌い! 好きにすればっ!?」とか、聞きたかった名言もことごとくカット……いや、名言ではないかw。
まあ、あの引きのためには仕方のないことだったんでしょうけどね、猫白が過不足なく素晴らしかったぶん、気にはなりました。
それでも……来週をワクワクしながら待ってる僕がいるんですけどね!



以上、傾物語・まよいキョンシー其ノ壹の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。この記事で言うのもアレですが、苛虎の声優さんが女性だったことに驚いている片耳ウサギです。

セカンドシーズンが始まってからずっと扇ちゃん(このときは『ちゃん』)の容姿や声に期待しつつ不安も抱いていたのですが、文句のつけようもないですね。

原作に絵がのっていないキャラクターは、アニメで見たりするとどうにも違和感を覚えてしまいがちですけど、扇ちゃんはビックリするくらいすんなり受け入れられました。

セカンドシーズンでは、鬼と恋を特に待ちかねているのですけど、いざこう始まってしまうと傾の続きが気になって気になってw猫白のときも同じでしたしww

十分楽しめたけど、やっぱりもう少し忍ちゃんの幼女っぷりが欲しかったというのが本音ですね(あくまで『忍ちゃんの』幼女が見たかったのです。『幼女』が見たかったわけではありません。断じて!)ww

大人八九寺も早く見たいです。

それでは、また。

猫白に続けてコメしますw

結構カットされてましたね、忍とアララギさんの掛け合い。
忍のマジ泣きとか楽しみにしてたので、残念です。

でも大丈夫!!
傾は忍とのイチャコラシーンてんこ盛りなので、あれとかこれとかは見れるように願ってます。

> 片耳ウサギさん
お久しぶりです!!
いつもいつもコメ、ありがとうございます!


> この記事で言うのもアレですが、苛虎の声優さんが女性だったことに驚いている片耳ウサギです。

片耳ウサギさんのコメを読んで「……ま、マジで?」  と思ってので調べてみたら、本当にそうみたいですね……ぶったまげましたw。
声優ってスゴイっすね!(小並感


> セカンドシーズンが始まってからずっと扇ちゃん(このときは『ちゃん』)の容姿や声に期待しつつ不安も抱いていたのですが、文句のつけようもないですね。
> 原作に絵がのっていないキャラクターは、アニメで見たりするとどうにも違和感を覚えてしまいがちですけど、扇ちゃんはビックリするくらいすんなり受け入れられました。

いやー、ホントですよね……。
僕も、アバンで扇ちゃんが出てきた時は、ハマリすぎてて驚きました。
記事でも書きましたが、扇ちゃんってビジュアル化するには、中々厳しい存在だと思ってたんですけど……むしろほかのキャラよりハマッてる気がw。


> セカンドシーズンでは、鬼と恋を特に待ちかねているのですけど、いざこう始まってしまうと傾の続きが気になって気になってw猫白のときも同じでしたしww
> 十分楽しめたけど、やっぱりもう少し忍ちゃんの幼女っぷりが欲しかったというのが本音ですね(あくまで『忍ちゃんの』幼女が見たかったのです。『幼女』が見たかったわけではありません。断じて!)ww

じー……(疑うような視線)。
でも、僕も片耳ウサギさんの意見と同じで、忍ちゃんとのやり取りがもっと欲しかったとは思いますね。
傾物語の魅力の一つでしたからね、アレは。
また、傾の西尾維新はキレッキレでしたからね……物語としても面白かったし、掛け合いも笑わせてもらいましたw。
だから今後は、可愛い幼女  ゴホンゴホン、忍ちゃんとの掛け合いが増えるといいですね!


ではでは~v-423

> カバオさん
こちらにもコメ、ありがとうございます!


> 結構カットされてましたね、忍とアララギさんの掛け合い。
> 忍のマジ泣きとか楽しみにしてたので、残念です。
> でも大丈夫!!
> 傾は忍とのイチャコラシーンてんこ盛りなので、あれとかこれとかは見れるように願ってます。

マジ泣きとかしてましたねーw。
ホントに、傷物語時代の彼女はどこへ……w。
あと、確かに傾はイチャコラ満載だった気がしますね。
僕的にはあれです……ギロとか見たいですw。


ではでは~v-422

忍とのイチャコラシーン…

マジで見たい!

でも、ギロはヤバいでしょ、さすがに(笑)

あ、でも、アニメ放映ではマズいけど、DVD・BDでは大丈夫か。
なでこスネイクがいい例(笑)

> ななしさん
こちらにもコメ、ありがとうございます!

> 忍とのイチャコラシーン…
> マジで見たい!
> でも、ギロはヤバいでしょ、さすがに(笑)

……それでも僕は、ギロが見たかったんです(真顔)。
  って、流石に冗談ですけどw……忍ちゃんとのイチャコラは、もっと見たかったですね。
DVDで追加されてるといいなぁ……(遠い目)。


ではでは~v-422
プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。