FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十万ヒット御礼!! (My「words」for you)

(今回の記事は三十万ヒットに寄せて、このブログの管理人であるワタクシ   Mr.Kidsが気持ちよーくなりながら書いた、自己陶酔、もしくはG行為的な記事ですので、読む際は心を広く持って、引かないように(←ここ超重要)して下さい。……いやホント、この記事どこに需要あんねん(←思わず関西弁))


えー……今更ながら、このブログのカウンターが  


三十万ヒットしました!!


「「「うおおおおぉぉぉぉぉ!!!」」」(ブログ読者様)

   いや、そんな風になってるとは思えないですけどw。
全部、僕の妄想ですけどw。
「もうそう❤えくすぷれす」ですけど(思いついたので言いたかったパターンのやつ)。

話を戻しますと……本当はもっと前にこの記事は書くべきだったんですけど、書くタイミングが無かった   というか、いつの間にかカウンターがめっちゃ過ぎてて、これならいつ記事更新しても同じじゃね? という僕のズボラ精神によって放置していまし   痛っ!? ちょ、やめ……い、石を投げないで下さい! 危ないので!
ということで   土曜日の午前中、特典欲しさに友人も誘わず『空の境界 未来福音』の初回上映(八時開始、ちなみに六時半起き。土曜日なのに平日より早起きとかバカなの?)に突撃し、ぽっかりヒマになった午後四時現在、こうして記事を書いています。皆さん、ごきげんよう。

そして、今回の企画なんですが……ごめんなさい、全く思いつきません!
三十万ヒットとか、すげーメモリアルな気がするんですけど……いやホント、企画とかもう無いですよw。
そもそも、アニメ効果でこんなにカウンターが跳ね上がるとか思ってませんでしたし……一日に三千ヒットって。何なの? 人気ブログなの? 僕ってもしかしてカリスマなの? うん、違うか。知ってた。
まあこんなもの、アニメをやってる一時の盛り上がりでしょうしね。
   っと、話が脱線しましたね。

ともかく、今回の記事は企画というものがないので……徒然なるままに、このブログをやってきて思ったことを書きたいと思います。
戯言なるままに、書いていこうと思います。


まずは、最近   と言っても五ヶ月前、このブログの「目次」となる記事を作ってた時に思ったことなんですけど……ビックリしましたね。
   僕はこんなに記事を書いたのか、と。
ハッキリ言って、このブログは更新が遅いんですよ。
今でこそ、「アニメ」というネタ、更新をしなければならない「縛り」みたいなもの(って書くと記事書くのが苦痛みたいですけど、そうじゃないですよ? めちゃんこFree!な精神状態で書いてます(イエイ))がありますけど、それまでは、ブログに一ヶ月記事を更新しないせいで広告が載るのをどうやって避けるか、ということで悩んでましたからね。
でも、そんな僕でも、三年と九ヶ月という年月を重ねて積み上げていった記事が、こんなに溜まっていたのか、とビックリしました。
最初は軽い気持ちでやったのに、結果的に「目次」の記事を作るのにはかなり時間がかかりましたからね……マジ馬鹿だった。

また面白いのが、自分が過去書いた記事を読んでると、その時の自分の感情が真空パックされているから、過去の自分がその作品について凄い熱く語りかけてくるんですよねw。
「やべえよ、『とらドラ!』めっちゃ面白えよ!」ってw。
まあ、あんまり昔の記事だと、文章や思考が稚拙すぎて恥ずかしかったりもするんですけど……『クビキリサイクル』の感想記事はマジでこのブログの恥部w。
ただ、「ブログを書く」という行為をすることで自身が積み上げた記事は、その後自分で読み返した時に、結構愉快な気持ちになれました。
これまで僕が記事を書いてきたのは、その時その時の感情のはけ口だったんですけど……こうしてみると、本を読んで感じたことを、真空パックの「感情」として置いておくことは、案外意味のあるものなのかもしれません。
ということで   みんなもブログをやろう!(←つまり言いたかったコト。
とは冗談ですけど、最初は意味なんてなかったブログに、いつの間にか意味を見いだせたのは嬉しかったです。


また、こうして僕の「感情」を吐き出した記事に対して、拍手を   自身の感想をコメントしてくれる人がいるのも、嬉しいです。
ただ単に、書きたいことを書いているだけなのに。
それに対して、「何か」を思ってくれるだけでも嬉しいです。
……いいえ。そもそも、読んでくれるだけでも嬉しいんです。

少し話は変わりますが   僕は、何故ブログなんてものをやってるんでしょうか?
僕が「記事を書く」のは、自身の感情を吐き出すためですけど。
なら何故、それを   インターネットの海に公開する必要があるんでしょうか?
もし、本を読んで感じた感情を「言葉」にしたいのなら、ノーパソのメモ帳にでも打鍵して、どっかのフォルダに保存し置いておけばいいんです。
でも、僕はそうはしなかった。
それは  


あなたに、僕の「感情」を読んで欲しいから。


結局、そういうことなんです。
僕は自己満足で記事を書いているクセに、それを評価して欲しいからブログに載せる、目立ちたがり屋なんです。
だからこそ   三十万ヒットっていうのは、僕にとってはこうして「記事」にする価値のある出来事なんです。

何の気なしに、ブログを見たのかもしれない。
『戯言なるままに』ってタイトルが気になっただけかもしれない。
作品のネタバレを読みたいだけかもしれない。

それでも   こうして。



僕の書いた「言葉」を読んで下さって、ありがとうございます。



このサイトを訪問してくださって、ありがとうございます。
温かい拍手を、ありがとうございます。
楽しいコメントを、ありがとうございます。


三十万ヒット、ありがとうございます


僕か、あなたが飽きるまで。
このブログを、よろしくお願いします。



なんて、戯言なんだけどね。



Mr.Kidsより
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。