FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ囮物語】 なでこメデューサ 其ノ参 感想 (「返事はどうした有象無象!」by千石撫子)

(今回の記事はアニメ[化物語セカンドシーズン]を見た僕が思ったことをただ書き連ねる、ただの感想ですので、過度な期待はせずにw、温かい目で見守ってやってください)
囮物語 第二巻/なでこメドゥーサ(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]
囮物語 第二巻/なでこメドゥーサ(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]

な、撫子どうした!!!?w

   とまあ、わざとらしく驚いてみましたが、自分は原作組なのでワックワクしながら今日の放送を見てたんですけどね!(ドヤ顔。
正直『囮物語』については、最初の「阿良々木くん&忍ちゃんVSブラック撫子」のシーンよりも、今週の「ブチ切れ撫子」の方が映像化が楽しみでしたw。
そして   見事に期待に応えてもらいましたね、最高だぜ!
以下、パートごとの感想になります。


アバン

月火「……って、うわっ! 撫子ちゃん!? びっくりしたーっ! ……ど、どうして、撫子ちゃんがお兄ちゃんのベットにいるの!?


「私はお兄ちゃんを抱きしめていたはずなのに!」


おいちょっと待てw。
その発言は色々とダメだろ、倫理的に、道徳的に。
ホント……この兄妹の関係については早いところ、お父さんかお母さんが現状に気づいて、なんとかするべきだと思う。
それか、誰かがバサ姉にチクるべきだと思うw。



月火「私からアドバイスをさせてもらうと」
撫子「あ、アドバイス?」
月火「うん、よく聞いね。えーっと……撫子ちゃんの言いたいことはわかったけれど  


「それはでも、可愛いだけの撫子ちゃんが悪いんじゃないの、ばーか!


怖い! 怖いよ月火ちゃん!w
言ってることも怖ければ、絵も怖いよ! リングかよ!?
いや、正論なんだよ? 言ってることに関しては、めちゃ正論なんだよ?
   言い方が怖いんだよ! 逃げ道を塞ぐかのように言うのが怖いんだよ!w
まあ……言い返せない撫子がいけないっちゃいけないんだけど、その図式はまさに   子リスを蹂躙せし鷹。月火ちゃんマジ猛禽類。
そして  


「でもお兄ちゃん、彼女いるよ?


はーい、遂に言いましたーw。
ずーっと棚上げにされていたけど、それを引っ張り出してきたからって   どうしたって解決しそうにない問題を遂に露見させましたー。
……でもあれだね、こうやって改めて見直してみると、囮物語における月火ちゃんってすげーキーパーソンですね。
撫子が「可愛いだけ」なのを(忍ちゃんに次いで)指摘して、暦お兄ちゃんに「叶わない恋」をし続ける問題を露見させて、撫子を強制的に失恋させてって……言い方は怖いし厳しいけど、撫子を「想って」こういう行動をしている月火ちゃんは、案外友達がいのあるいい子なのかも。
……いや、撫子に「怒って」いるだけかもしれないけどw。




Aパート

月火「私が受けている感想を率直に言わせてもらえるなら、そうだね  


絶対に叶わない恋愛を、安心してやっているって感じなのかな」


もうやめたげて、月火ちゃんw。
ただ実際、「彼女が(もしくは彼氏が)いる」という理由だけでは「失えない恋」っていうのは、往々にしてありますよね。
しかし、この場合問題として挙げるべきは   撫子のその想いが、そこまでの「本物」なのかどうか、という点。
そこを、月火ちゃんは糾弾、ないし怒ってるわけですね。……というか月火ちゃん、さっきから怒りすぎw。
そして、月火ちゃんに髪を切られた撫子は、学校で  


「うっせーんだよっ!!!」


   な、撫子!!!!?w
いやぁー、なんて素晴らしい豹変具合でしょうかw。
彼女はもう、俯きキョロキョロ系子リス女子ではありませんね。
そう、イライラ発散系メデューサ女子です(深夜のテンションで適当なこと書いてます、てへぺろ❤)。
それでも……これまで自分の感情を押しとどめて、他人の言葉を受け流して、その「可愛さ」だけで人間関係を円滑にしてきた彼女にとって、これは   大きな前進ですよね。
たとえそれが、こんなに振りきれちゃったものでもw。
これは千石撫子にとって、大切な一歩です。




Bパート

「おい、有象無象!
「返事はどうした有象無象!
「いいか、お前ら   現実をみろよ!
「過ぎたことでいつまでもうじうじとして、貴重な青春時代を台無しにしやがって   どんだけ無駄なことをしてんのかわかってんのか!?
「お前らは、友達だと思ってた奴が自分のことを妬んでたら、それでもう友達じゃなくなるのか!?
「嘘をつかれたらそれで終わりか!?
   適当なとこで折り合いをつけねーと、いつまでもこんな状況が続くんだぞ!
「だったら塗り替えなきゃダメだろうが! 書き換えなきゃダメだろうが!
「『一時期は変なおまじないのせいで誰も信用できなかったけど、ちゃんと仲直りしました』って思い出によぉ!
「ああ確かにお前たちは最低だ! 本音と建前を使い分ける偽善者だ!
「信じた先から裏切るこの世のクズだ! 地球上でもっとも下等な生き物だ!
だけど  
「だけど、どっかに本当もあったはずだろうが!
「嘘だって、本当だったかもしれねーだろ!
「嘘や! 裏切りや! 欺瞞や! 偽善を許してやれる度量を持ちやがれや! ああん!?
「いつからお前達は人をえり好みできるほど偉くなったんだ!?    好き嫌いで人付き合いしてんじゃねーよ!


「俺様はお前達なんて大嫌いだ! だけど   クラスメイトだぜこんちくしょうが!!



撫子さん、カッケーっす!w
というか……あまりにもテンションがアレすぎて、撫子の説教を書き倒してしまったなぁ、何してんだろうなぁw。
でも、こんだけのセリフがあったにもかかわらず、原作と比べてみるとかなりカットされてるのに驚きました。
にしても、このキャラが昔、僕が「なでこスネイク」のOPを見て骨抜きにされたキャラと同じとは思えないなぁ……撫子も随分遠い所に来たもんだw。
まあ、さっきも書きましたけど   これが「成長」であることは、揺るぎようのない事実ではあるんですけどね。




いやー、素晴らしかったねw。
特に花澤さんの演技がね……もうね、喉破裂しないの? ってレベルで頑張ってましたねw。
ただ、原作ファンとしてはこれが見たかったワケで、もう大満足でした。
ホント、この作品はアニメ化に恵まれてる   というか、アニメスタッフに愛されてますね。



以上、囮物語・なでこメデューサ其ノ参の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

撫子と一緒に振りきれちゃった片耳ウサギでーっす!(キラッ☆

…………。

改めまして、片耳ウサギです。

いやー花澤さんぱねぇっすわぁw
『ああん!?』のたびに自然とニヤニヤしている自分がいましたw

まだ話は残っていますけど、もう最終話見たような満腹感が半端じゃないですww

撫子の暴走(というより爆走)モードはいままでの撫子を打ち砕き、僕ら撫子ファンに新たな『千石撫子』を植え付けてくれましたね。

僕も原作組ですから、『こっちの』撫子を植え付けられ、好きにはなっていたのですが、アニメを見たことによって、撫子愛が深まりましたw

映像と音声は付加価値として抜群の働きぶりを見せて――魅せてくれました。

やーもう、声優ってスゲーなぁww
撫子達をあそこまで動かせるシャフトもぱないっすw

最後に……。


月火ちゃんこえええぇぇぇぇ!!!

それでは、また(ガクブル

>怖い! 怖いよ月火ちゃん!w
言ってることも怖ければ、絵も怖いよ! リングかよ!?
いや、正論なんだよ? 言ってることに関しては、めちゃ正論なんだよ?
言い方が怖いんだよ!逃げ道を塞ぐかのように言うのが怖いんだよ!w
まあ……言い返せない撫子がいけないっちゃいけないんだけど、その図式はまさに   子リスを蹂躙せし鷹。月火ちゃんマジ猛禽類。

月火ちゃん=井口裕香さんの、あの淡々とした話し方ったら…
怒ってるのもあるし、呆れてるってのもあるんでしょうけどね、でもね…
マジ怖いわ!!
なんかゾクゾクとしたものを覚えて…ませんが(覚えてませんよッ)
この後のハサミで前髪ジョキンも怖いしさ…
月火ちゃんってスゲー。
ま、原作まんまに糾弾してたら、撫子ファンでなくとも死亡しそうです。
西尾作品のアニメの破壊力ハンパねー。


そして、お待たせしましたッ!
ブチキレ撫子!

自分も原作派ですが、面白いなぁと思ったのは、教室での台詞が、原作では一方的な罵詈雑言のイメージだったのが、アニメだとクラスメートを心配してる感が結構感じられたことですね。
花澤香奈さんだからなのかは分かりませんけどね。
でも、子リスキャラの声や仕草のイメージが定着していた千石撫子というキャラですから、原作とアニメで二度美味しい気分!

でも、声優ってスゲーなと思いますよ。
真宵大人バージョン然り、忍のキスショットバージョン然り、翼のブラック羽川バージョン然り、このアニメって制作陣も声優陣も最高級のメンバーが揃ってますね!

長くなりましたが…
次はクライマックス!

井口裕香と花澤香菜が出てましたね。阿良々木月火と千石撫子という意味ではないです。

はい、やられましたよ。
撫子の「あぁぁん!?」にやられましたとも。
そんな僕はドMです(  ̄3 ̄)

原作でも好きなシーンでしたが、花澤さんの熱演のおかげで撫子の好感度急上昇ですわw
何かで西尾先生も仰ってましたが、花澤さんは撫子の魅力をこれでもかと引き出してますね。
いやぁブチキレ撫子もっと見たいですw


>ホント……この兄妹の関係については早いところ、お父さんかお母さんが現状に気づいて、なんとかするべきだと思う。
こいつらもう手遅れだと思うんだ。
ほら、火憐も「性行為だったらあたしにすればいいじゃん!」とか言ってたしもうね…
ガハラさんとバサ姉二人がかりでどうにかするとかいう話も読んでみたくはありますけどね。

月火はよつぎドールでとんでもないことやらかしてますからね…。今まで見たブラコンの妹キャラの中のでも2番目くらいにキモい…。火憐は3番目くらいかな(キモいといっても月火は割と好きなキャラですよ。)

なでこメドゥーサ其ノ参視聴しました。

いや~、これは・・・あれだよ・・・悪い夢だよ!!w

ってくらいに撫子が豹変してましたねww

花澤さん得意のキレ芸で、なんだかいつもよりイキイキしてるような気がしたのは僕だけでしょうか?w

月火ちゃんも怖かった・・・夜眠れなくなるレベルw
「これじゃ月火ちゃんのアンチが湧くんじゃねーの?」ってくらいに憎たらしさもたっぷりでしたね。
よくよく考えたら、月火ちゃんってホントに重要な役どころなんですよね。
阿良々木くんの羽川への思いを恋ではないと言ったのも月火ちゃんですし、今回撫子の発狂のトリガーになったのも月火ちゃん。なんだか、実は扇ちゃん以上に厄介な奴なのかもしれませんww

今回すこし気になったのは、

撫子「ど、努力したり、頑張ったりするのって・・・・その・・・・、しんどいじゃない」

という台詞がカットされていたことですね。あの一文にこそ撫子のすべてが凝縮していると、僕は考えていたので、そこを削ったことで、はたして撫子という人物像がしっかり描き切れるのか、すこし疑問でした。
まあ、気にするほどのことではないかもしれませんが・・・。

なんにせよ、いい引きでしたし、次回が楽しみであることは変わりありませんw

管理人さん(Kidさん)生きてるかなぁ?
何か嫌な予感がして、過去の記事を見てみたら、ご本人、結構撫子(寄り)ファンのようですが…

> 片耳ウサギさん
いつもコメ、ありがとうございます!


> 撫子と一緒に振りきれちゃった片耳ウサギでーっす!(キラッ☆
> …………。
> 改めまして、片耳ウサギです。

ちょ、やったあと後悔するんだったらやらなければいいじゃないですかw。


> いやー花澤さんぱねぇっすわぁw
> 『ああん!?』のたびに自然とニヤニヤしている自分がいましたw
> まだ話は残っていますけど、もう最終話見たような満腹感が半端じゃないですww

確かに、囮物語における花澤さんの演技は終始光ってますよねぇ……。
ビクビクしたり、ブチ切れたり、病んだり……いやほんと、囮の撫子は情緒が不安定すぎますよねw。


> 撫子の暴走(というより爆走)モードはいままでの撫子を打ち砕き、僕ら撫子ファンに新たな『千石撫子』を植え付けてくれましたね。
> 僕も原作組ですから、『こっちの』撫子を植え付けられ、好きにはなっていたのですが、アニメを見たことによって、撫子愛が深まりましたw
> 映像と音声は付加価値として抜群の働きぶりを見せて――魅せてくれました。

> やーもう、声優ってスゲーなぁww

ホント  囮のアニメ感想はそれにつきますよね!
原作はキャラの感情を、文字を連ねて読者に情報を与えますけど、声優はそれを声のイントネーションだけでやってのけますもんね。
よくもまああんだけ、声でキャラクターに魂を吹き込めるもんです……ほんとに声優ってすごい(小並感。


> 最後に……。
>
> 月火ちゃんこえええぇぇぇぇ!!!

映像にされると……ねえw。
原作でも怖かったんですけど、絵でみるとより怖いw。
まあ、良いキャラですけどね  僕は結構好きですw。


ではでは~v-422

> ななしさん
いつもコメ、ありがとうございます!!


> 月火ちゃん=井口裕香さんの、あの淡々とした話し方ったら…
> 怒ってるのもあるし、呆れてるってのもあるんでしょうけどね、でもね…
> マジ怖いわ!!
> なんかゾクゾクとしたものを覚えて…ませんが(覚えてませんよッ)
> この後のハサミで前髪ジョキンも怖いしさ…
> 月火ちゃんってスゲー。

ななしさんの言う通り、怖いですし、言い方もキツいんですけど……確かに、あいつはスゲーですよねw。
そもそも、怒るという行為自体、結構なパワーを使うんですけど……なんだろう、月火ちゃんは一回火がつくと、鎮火するまで烈火のごとく怒りますよね。
ただ、その怒り方が……ちょっと冷静なのが怖いんですよねw。
そして  ななしさんはMなんですねわかりました。
前のコメから、薄々そうなんじゃないかと思ってましたけど……了解しました!


> そして、お待たせしましたッ!
> ブチキレ撫子!
> 自分も原作派ですが、面白いなぁと思ったのは、教室での台詞が、原作では一方的な罵詈雑言のイメージだったのが、アニメだとクラスメートを心配してる感が結構感じられたことですね。
> 花澤香奈さんだからなのかは分かりませんけどね。
> でも、子リスキャラの声や仕草のイメージが定着していた千石撫子というキャラですから、原作とアニメで二度美味しい気分!

なるほどー、確かにアニメでは、クラスメイトのことを思って言ってる感があった気がしますね。
花澤さんの演技の賜物、というのは多分そうですね、怒ってるだけではない「別の感情」もほんのり混ぜることで、「クラスメイトを思って」怒鳴っている感じが出たのかもしれません。


> でも、声優ってスゲーなと思いますよ。
> 真宵大人バージョン然り、忍のキスショットバージョン然り、翼のブラック羽川バージョン然り、このアニメって制作陣も声優陣も最高級のメンバーが揃ってますね!

いやほんと……化物語シリーズの声優って、布陣にスキがなさ過ぎますよねw。
なんだろう……もしかしたら超原作ファンに気を使いながらアニメ作られてるのかもしれませんねw。


ではでは~v-422

> カバオさん
いつもコメ、ありがとうございます!

> はい、やられましたよ。
> 撫子の「あぁぁん!?」にやられましたとも。
> そんな僕はドMです(  ̄3 ̄)

そんなふて腐れなくてもw。
いいじゃないですか、ドM! 何を恥じることがありますか!
というか、僕もどっちかって言えばエ  げふんげふん。


> 原作でも好きなシーンでしたが、花澤さんの熱演のおかげで撫子の好感度急上昇ですわw
> 何かで西尾先生も仰ってましたが、花澤さんは撫子の魅力をこれでもかと引き出してますね。
> いやぁブチキレ撫子もっと見たいですw

たぶん、僕もそれ読みましたね……アニメコンプリートガイドブックかなんかだと思います!
囮物語は、花澤さんの演技力でもってると言っても過言ではない気がしますね。


> こいつらもう手遅れだと思うんだ。
> ほら、火憐も「性行為だったらあたしにすればいいじゃん!」とか言ってたしもうね…
> ガハラさんとバサ姉二人がかりでどうにかするとかいう話も読んでみたくはありますけどね。

それでもどうにもなりませんでした、というオチがつきそうですよねw。
なんかもう……阿良々木家に関しては、忍ちゃん同様、「勝手にやっとれ」精神で見守るべきなのかもしれませんw。


ではでは~v-422

> すこっとさん
いつもコメ、ありがとうございます!


> なでこメドゥーサ其ノ参視聴しました。
> いや~、これは・・・あれだよ・・・悪い夢だよ!!w
> ってくらいに撫子が豹変してましたねww
> 花澤さん得意のキレ芸で、なんだかいつもよりイキイキしてるような気がしたのは僕だけでしょうか?w

わかります、明らかにイキイキしてましたw。
あれなのかな……撫子みたいに、びくびくした感じの声を出すよりも、思いっきり感情を吐き出す方が、表現してて気持ちいいのかもしれませんね。


> 月火ちゃんも怖かった・・・夜眠れなくなるレベルw
> 「これじゃ月火ちゃんのアンチが湧くんじゃねーの?」ってくらいに憎たらしさもたっぷりでしたね。
> よくよく考えたら、月火ちゃんってホントに重要な役どころなんですよね。
> 阿良々木くんの羽川への思いを恋ではないと言ったのも月火ちゃんですし、今回撫子の発狂のトリガーになったのも月火ちゃん。なんだか、実は扇ちゃん以上に厄介な奴なのかもしれませんww

扇ちゃん以上って……月火ちゃんをなんだと思ってるんですかw。
ちょっと僕、おこですよ!(どうでもいいけど、「おこ」とか初めて使いました)
まあ、厄介なのは否定しませんけど  むしろ、全肯定ですけど!
多分、言いたいことを飲み込むことが出来ない性格、なんだと思いますよ……僕は大好きですw。


> 今回すこし気になったのは、
>
> 撫子「ど、努力したり、頑張ったりするのって・・・・その・・・・、しんどいじゃない」
>
> という台詞がカットされていたことですね。あの一文にこそ撫子のすべてが凝縮していると、僕は考えていたので、そこを削ったことで、はたして撫子という人物像がしっかり描き切れるのか、すこし疑問でした。

これね、すこっとさんにコメされて初めて僕も気づいたんですけど……確かにこれ、削らない方がいい言葉ですよね。
実際、僕も原作読んだ時の「囮物語」の記事に、このセリフのせてるんですよ。
だから、その時の僕も結構重要なセリフだと思ったんでしょうね。
尺的な都合で、仕方なかったのかもしれませんが……こういった「不十分」な点が出てくるっていうのは、原作があるアニメの宿命なんでしょうね。
なので……是非ともみなさん、原作の囮物語を買っていだきたいですね!(お金もらってないステマ)


ではでは~v-422
プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。