FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICO プレイ感想 (きっと、言葉はいらない)

(今更ながら、ゲーム『ICO』をプレイしました)
ICO(イコ)

あー、ただの名作ですわこれw。

なんだろう……なんなんだろう、この作品はw。
凄く派手なことをやってるワケでもないし、ストーリーだって無いに等しいのに、プレイし終えたあとに寂寥感と満足感がどっと押し寄せてくる感じ   ホントなんなんだろう!w

いやね、正直に言って不満も結構あるんですよ。プレイヤーが動かすカメラが使いづらかったり(僕は前半、これで酔いましたw)、ヨルダが言うことを聞いてくれなかったりw、たまに謎解きが難し過ぎたり(これは自分が謎解き得意じゃないのもありますが)。
けれど、それを補って余りある世界観が、この作品にはありました。……なんなら後半、ヨルダがなかなか梯子を昇ってくれないのとか、それがとても人間らしい「ゆらぎ」に思えて愛おしかったです。   あれ、僕ヨルダに惚れてね?

HPバーやアイコン、システム画面などを極力排した、映画のワンシーンのような映像が続くからでしょうか……ゲームをプレイしている、というよりは   自身が「イコ」という少年になって、囚われの少女を助けるために謎解きをしているような錯覚に陥りました。……そのせいか、ヨルダが影に襲われ始めた時はいつもテンパってた。『ICO』あるあるですね。
また、「R1押しっぱなし」じゃないと『手を繋ぐ』アクションができないところなんかも、プレイヤーの没入感を煽ってきやがります。ちゃんと、押してないと   その手を強く握っていないと、少女の手が離れてしまう、という……おい、このシステム考えたヤツ天才じゃね?

先述した通り、この作品に派手さはないです。加えて言うなら、「ここが最高!」というような、わかりやすいセールスポイントも。
なんて言うんだろう……『ICO』って素晴らしいゲームだと思うけど、「どうして素晴らしいゲームなの?」って聞かれると、返答に困るんですよね。
「ヨルダって女の子が可愛いよ」、「世界観が最高なんだ」、「壮大な映像がたまらない」、「謎解きが楽しいぜ」   それは、どれもその通りなんだけれど……しかし、どれ一つとして、このゲームの本質を伝えられてはいない気がするんです。
本作をプレイすれば、僕の言いたい事もわかってもらえると思うけど   だからきっと、このゲームはその魅力自体が感覚的なモノで、言葉にはしづらいんでしょうね。

     運命という鳥籠に閉じ込められた、女の子
     少年は彼女を救うために、少女の手を取って走り出した     


内容としては、これだけ。これ以上でも、以下でもありません。
それでも、二人が駆け抜けた先……砂浜に辿り着いた場面を、目の当たりにした時。
僕は思わず、その美しさに見蕩れました。
二人とも、作中では会話をするどころか、言葉を発することも稀なくらい没交渉だったのに……それでも、イコとヨルダはお互いを信頼し合い、最後にはその目的を成し遂げる。言葉にしてしまうと陳腐だけれど、プレイヤーとして「イコ」を操作し、そのエンディングまで辿り着いた瞬間   そこには、言葉にできない満足感がありました。

多くを語らないのに、心に訴えるものがある。そんな魅力に溢れた作品です。



以上、『ICO』の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。