FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルフェンリート 全巻(1~12巻) ネタバレ感想 (ハッピーエンドじゃなくても、冬になるまでは)

(今更ながら、漫画『エルフェンリート』を全巻読みました)
エルフェンリート 12 (ヤングジャンプコミックス)
エルフェンリート 12 (ヤングジャンプコミックス)

あああ、素晴らしかったあああ……!!

なんというか、非情な展開が襲い掛かってくる度に  「も、もうやめて……悲しいこと多過ぎだからもうやめてえ……!(半ベソ)」ってなりながら読んだ本作でしたが、作品としては最高。物語としては抜群でした。
当然ながら、悲しいことがあればあるだけ、なんてことない日常やありきたりな幸福が輝くわけですからね……その辺り、すごくわかってる作品だったなあと。  いや、ほんと面白かった!
絵に関しても、最初の頃は「お、おう……」と苦笑いの状態でしたが、四巻ぐらいから上手くなっていきましたしね。むしろ、後半は可愛いまである。ノゾミちゃん可愛いよノゾミちゃん。










ではでは以下より、項目別のネタバレ感想になります。
あんまし核心には触れてないと思うけど、読了済みでない方はブラウザバックをオススメだ!



・シリアスなストーリーとラブコメな日常について

僕が本作において、一番上手いなあと感じたのは  『ディクロニウス』というクッソ重たい設定でストーリーを進めているにも関わらず、コウタやユカ、にゅう達は『楓荘』で、エロゲもかくやという日常を過ごしてる点です。
この作品、たぶん『楓荘』という「帰る場所」がなくても、ストーリーとしては成立してたと思うんですね。その場合、コウタはもっと序盤から、にゅうやナナの正体に気づいて、本筋に介入していたと思いますが  そうして、最初から最後までシリアスなお話作りをすることも、やろうと思えばできたと思うんですよ。

だけど、本作はそれをしなかった。

『楓荘』という「幸福な日常」を一個置いておくことによって、ナナやルーシーが「帰る場所」を作ってあげた。休憩地点を作ってあげた。……ここが、この作品の素晴らしい部分かと。


《おっぱいを揉まれることに快感を覚えたにゅうが、コウタの手を取って自身の胸にあてがい  

にゅう「にゅう……にゅう……」
コウタ《どうしよう……。こないだので、変なこと覚えさせちゃったのかなあ……


こういうアホなエロコメ(褒め言葉)を、重たいストーリーラインの中に入れ込んで、時々の緩衝材にしているのは、本当に上手いと思いました。シリアスな展開の中に、こういうシーンを入れ込むことによって、コメディも  そのあとに待ち構える数々の悲しい物語も、一気に映えますからね。

あと単純に、シリアスばっかりで疲れたところに、こういう日常が差し挟まってくるのは読者として嬉しい。笑えるし、リラックスできるし、なによりエロいし!(子供かよお前)
ただ後半は、こういう日常があまり描かれなくなっちゃったのは、ちょっと残念でしたが……まあ、あの怒涛の展開に、ギャグを差し挟むのはさすがに難しいよなw。



・キャラクター達の扱いについて

一応、『極黒のブリュンヒルデ』のアニメを見て、なんとなくは知っていたのですが  あれだね。
この漫画の作者は、本当に……。

女の子を可哀想な目に合わせるの、大好きだな!!!?w

もちろん、ただの悪趣味でそうしてるわけじゃないのはわかります……マユ、ナナ、ルーシー、マリコと、みんながみんな辛い過去を背負ってるけど、その部分こそが彼女達のアイデンティティだったりして、その「辛い過去」を持たせることによってキャラ立てしてる部分も大いにあるから。……だがしかし。それにしたって  

女の子を可哀想な目に合わせるの、大好きだな!!?(二回目)

蔵馬の娘・マリコが最後だけ……本当に最後の最後だけしか救われなかった展開を読んで、僕はそんなことを思いましたよ。岡本倫、マジで恐ろしい子……。
ただ、きっとそんなところも、本作が評価されてる所以なんでしょうけどね。女キャラだろうが、だからといって容赦はしない。悲しい過去を背負った彼女達を、悲しいままに描く、っていう  いやほんと、ナナだけでもちゃんと幸せになれてよかったよ!



・ストーリーラインについて

結局のところ、この作品は……世界がどうとか、新人類がどうとか。野望がどうとか、復讐がどうとかがありつつも  どこまで行っても、彼女と彼の物語だったんだなあと。読み終えた今となっては、そう思いました。


ルーシー「私は  ただコウタに謝るためだけに、今まで死なずに生きてきたんだ」


きっと彼女にとって、この世界は素晴らしいものではなかった。
周りを見れば敵だらけで。なんなら自分の心にも敵がいて。
  ルーシーにとってこの世界は、壊したくて仕方がないモノだった。

ただ、それでも。


「私……今まで生きてきた中で……今日が一番、楽しかった


そんな世界で、見つけたものがあった。
こんな世界でも、見つかるものがあった。

…………きっとこの作品は、そうして彼女が、幼い初恋を始めて。
それが、ちゃんと終わるまで  恋には報われないまま、その生涯が少しだけ報われるまでを描いた作品、だったのだと思います。
もちろん、十二巻で起きた出来事を見れば、そりゃ当然ながら「ハッピーエンド」とは言い切れないんだけど……だとしても。


にゅう「好き。コウタ好き……大好き


あの温かな「日常」で、彼女が冬になるまで過ごした日々は。
暗いトンネルを歩き続けた彼女の生涯において、小さな救いにはなった筈です。

……余韻のある、美しくも幸福とは言い切れない終わり方だったため、色々と考えてしまいますが  僕はそう感じました。ハッピーエンドには辿り着かなくとも、ルーシーやにゅうが追い求めていた「幸福」に、彼女達は手が届いていたんじゃないかと。


ただ、願わくば
彼女達が次に生きる人生こそ、まごうことなきハッピーエンドでありますように  



楓姉妹「ここで待ち合わせをしているんだ。
    とても大切な友達    





総合的な感想

いやー面白かった!
最初から最後まで、ダレずに面白く読むことができました。
女キャラも男キャラも魅力的で、巻を重ねるごとに愛着も湧いてきましたしね……坂東とか最初の頃、背後に立っただけの女性をぶん殴るクズだったのに、いつの間にあんな良いキャラになってたんだよw。マユが犯されそうになってたのを助けに来た時なんか、わかっちゃいたけど「うおおお坂東さあああん!!!!」ってなったもんな。最後、生存確認できてよかった……。
あとさっきも触れたけど、シリアスの合間に挟まるラブコメも、実はセンスがあっていいよね。コウタとユカが雨宿り(意味深)をしたあと、コウタが自分のズボンを触って「わ……なんだこれ。ぬるぬるしたものがいっぱいズボンに……」って言ってんの、マジで笑いました。天才かよ。



以上、『エルフェンリート』1~12巻の感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。