FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九十万ヒット御礼!!! (これまで記事にしなかった、おすすめ漫画六選)

(今回こそ書かない気でいましたが、書きました。お暇な時に読んでやって頂けると嬉しいです)

えー、つい先日、このブログのカウンターが  


90万ヒットを突破しました!


「うおー!!!」……なん……だと?きゃーすてきー! 抱いてー!お、お前ら……こ、このつまんねーブログに……戻ってきてくれたのか? ……うう、ぐすっ……お、おめでとうな、90万ヒット!

なにこの茶番。なんで最初アンチだった赤文字のこいつが、今や一番のファンなんだよ。てかなんだよこの茶番(二回目)。
ちなみに、このくだりに関して、「管理人なにやってんだ……?」となってる新規の方は、暇ならこれらの記事の冒頭(四十万ヒット記事五十万ヒット記事六十万ヒット記事七十万ヒット記事八十万ヒット記事 )を、ちらっと読んで頂けると。
もちろん、どうでもいいやって人は読まない方がいいよ! むしろ読まないことを推奨。時間を無駄にするからね。なんならいま絶賛話題沸騰中の、『ペルソナ5』やってる方がよっぽど有意義。  どうでもいいけどあれ、面白過ぎて時間スゲエ食われるんだけど。ある意味、あのゲーム自体がペルソナよりよっぽど悪魔じゃない? ほんと楽しい。

というわけで  どうも、本ブログの管理人、Mr.Kidsです。んちゃ!
ぶっちゃけた話、いま私生活が立て込んでまして……ブログ更新する暇あったら、他にやることあるやろ!という感じなのですが。なんだろう、ヒット企画は毎回恒例になっちゃってるし、無視できないんだよね……もう一種の病気です。誰か助けて。
正直なことを言えば、最近はブログのアクセス数も落ち込んでるし、この記事に需要はまったくないんだけど(ここ笑うとこです。あっはっはっは!(白目))  大丈夫、僕は昔から、そんなものに振り回されたことはないからね! 需要があろうがなかろうが、駄文を綴ってきただけですから!

だいたい、昔はこのブログ、一日の訪問者数五人とかでしたからね(ここ笑わないで。わ、笑うなって言ってるでしょうが!)。そう考えると、いまは平均170くらい?だから、あの頃と比べて……さ、34倍!? うっそ、滅茶苦茶人気ブログじゃないですか!(錯乱)

とまあ、そんな訳で(どんな訳だ)。もうとっくに過疎ってるこのブログにいまでも訪れて、この文章を読んでくれているあなたに、少しでも「ありがとう」を伝えるために。需要はなくても、今回もヒット記念の記事を一個、でっち上げ  ごほんごほん。書き上げようと思います。

さてさて。それでは以下より、よしなしごとを綴っていきますので。興味がある方は是非とも、読んで頂ければ幸いです!




個人的おすすめ! これまで記事にしてないけど、すげえ好きな漫画六選!

なんというか、一応そこそこ長い期間、オタクをやってきた僕ではありますけど……他人様に勧められるほど、漫画やラノベを読み漁った、とは言えないのが本音で、そんな僕が「おすすめ」を語るなんて、おこがましい気はするのですが。良い機会だし、これまで記事にできなかった傑作漫画を、一口感想みたいな感じで紹介させて頂きたく思います。


それじゃあ、今回紹介する一作目は、コイツだ  !(フリースタイルダンジョン風に)


櫻井大エネルギー (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
櫻井大エネルギー (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

・『櫻井大エネルギー』

作者、頭おかしい(褒め言葉)。
エロ漫画雑誌に掲載されている、エッチじゃない、ちょっとエッチなハイテンションギャグ漫画の短編集です。続編に『櫻井超エネルギー』が最近出ましたが、そっちも変わらずに  作者、頭おかしい(褒め言葉)。
たぶんこれは合う合わないが激しい漫画だと思うのですが、僕のように波長が合えば、大好きな作品になる筈です。遅刻しそうになってダッシュしてる男女二人が、ベタなラブコメみたいに曲がり角で衝突して、竜巻を発生させる話(『俺は昨日の俺を越えていく』)、クッソ好きでした。……どうでもいいけど、この漫画の内容はこうして文章で見ると、マジでわけわかんねえな。

ただ内容的には、マジでハチャメチャ不条理系なんですけど、それはふざけてるわけではなくて。ちゃんと読者を笑わせるためにふざけてるので、コメディ系が好きな人には是非一度、手に取ってもらいたいです。
あと、絵も上手いので、ムッチャクチャなことをしてるのに、女の子はしっかり可愛いです。とんでもない邪教に入信してる子とか、男を手玉に取るのを生き甲斐にしてる子とか、キャラ設定はぶっ飛んでるのにいちいち可愛くて好き。

ただ本作はコミックサイズが大きく、一冊で九百円近くする値段がネックなので……アマゾンにある試し読みでもして、そこで波長が合いそうなら買って頂ければと!




ベルリンは鐘(1)(少年チャンピオン・コミックス・タップ! )
ベルリンは鐘(1)(少年チャンピオン・コミックス・タップ! )

・『ベルリンは鐘』

ネットで話題になったニャロメロン先生の、四コマギャグ漫画。
当然『週刊メロンコリニスタ』も好きなんだけど、商業として「編集の目」が入っているからなのか、こっちの方がネタが面白い気がしますね。いつものニャロメロンなので、『メロンコリスタ』にハマった人は、こちらも是非。

主人公リンガベルの弟・ビックベルに、惚れる子が出てきたりと……ちょっと人間(?)関係にも進展があったりしてるので、今後も期待できる作品です。ただまあもちろん、ラブコメ的な展開にはならないけどな! そんなもんをニャロメロン先生に期待している人もいないだろうけど。

何回見ても、三巻の表紙が好き。あの有名な『ボーボボ人気投票』を彷彿とさせる面白さ。
(ちなみに、これです↓)

ベルリンは鐘 3 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)
ベルリンは鐘 3 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)




おじょじょじょ (1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)
おじょじょじょ (1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

・『おじょじょじょ』

色んな作品を書いてるクール教信者先生の、お嬢様ラブコメ。
一巻で綺麗に終わってる感あったので、二巻以降が不安だったのだけど  なんのその。三巻まで来た現在でも、素敵なラブコメ四コマやってます。地獄巡(じごくめぐり)さん可愛い。

絵柄がコロコロと変わるのが玉に瑕だけど、そんなの気にならんくらいキャラが素敵で、そこだけでも読める作品。高飛車お嬢様、寡黙な変人、実は一癖ある一般人、お嬢様いじり命なじいや  等々、アクは強いけどだからこそ楽しいキャクターが満載です。
特に序盤は、じいやがふざけ倒してて最高。例えば  

じいや「お嬢様は、金持ちを笠に着た性格ブスでしたから。友達ができてこのじいやは嬉しい限りです」

とか真顔で言ったりな。雇用主の娘にこう言えるじいやスゴ過ぎだろ。
これもサイズの大きいコミックなので、少しお高くなってしまうのですが……キャラクターが魅力的な四コマを読みたい人には、是非おすすめです。




ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)
ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)

・『ポプテピピック』

クソ漫画。おすすめ。




ナンバーガール (1) (電撃コミックスNEXT)
ナンバーガール (1) (電撃コミックスNEXT)

・『ナンバーガール』

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』で有名な、谷川ニコさんの作品。
これはただの、個人的な意見なのですが  たぶん『私モテ』よりも、こっちの方が面白い。残念ながら三巻で終わりだけど。……三巻で終わりだけどな! マジで面白かったのに(泣)。
内容としては、13体のクローン達が、学校で日々を漫然と過ごすうちに、ちょっとずつ自分なりの個性を手に入れていく話  とか言えるけど、要するにただの傑作四コマギャグマンガです。

クローン達が適度にアホで、読んでて楽しい。作者さんがあとがきで言っていたように、『私モテ』と違い下ネタはほぼなしなので、下ネタ嫌いな人にもおすすめですね。




プラナス・ガール 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

・『プラナスガール』

僕の中にあった『男の娘』という危険なジャンルを、見事こじ開けやがった犯人。
いやほんとね、これだめだよ……男なのにこんなに可愛いって、どういうこと? この作品、最後まで読んだ暁には、「ちょっと待て。絆ちゃん(ヒロイン)は、『男なのに女の子みたいで可愛い』のではなく、『女みたいだけど、実は男だから可愛い』のではないか……!?」とか、訳のわからん哲学に至る始末。最高の悪書だぜ……。

この作品、表紙を見てもらえればわかると思うけれど、ともかくヒロインの絆(きずな)ちゃんの性格が小悪魔的で、滅茶苦茶可愛い。『男の娘』モノとしては、本当に傑作だと思うので……もしそのジャンルに興味があるのなら、一読をオススメします。
興味がなくとも、面白そうだと思ったら、手に取ってみて  僕のように、新しい扉をこじ開けられてください。

ただ、新品がないので、買うなら電子書籍版か中古しかないのが残念。重版してくれないかしら。



そんなわけで以上、これまでブログの記事にしていなかった、おすすめ漫画六作品でした。
なんというか、こうしてオススメしてみると、四コマギャグ漫画ばっかりになってしまった感があるな……もしかしたら僕、ギャグ漫画が好きなのかも。
ちなみに。これらの漫画は、それこそ漫画好きなら知ってるものばかりで、あまりマイナーとは言えないのですが……かといってメジャーすぎるやつを紹介するのもあれなので、そういうのは除外しました。『ハイキュー!』とか『甘々と稲妻』とか、滅茶苦茶面白いんだけど、そんなのはみんな知ってるもんな!




終わりに

それでは以下より、読者であるあなたへの、感謝の言葉を。
一時期は賑わいを見せていたこのブログも、今や閑古鳥すらいない始末。それでも。それだというのに  このブログがまた一個、90万ヒットという節目を迎えることができたのは、今でもこの文章を読んで下さっているあなたのおかげです。ありがとうございます。

ただ、どれだけ人が少なくなろうと、このブログはきっと、ここにずっとあります。例え誰に来てもらえなくなろうとも、僕はこのブログを書き続けたいと思います。なので、あなたにも……年に一度。数ヵ月に一度。そんな頻度で、また、この場所を思い出した時に。今日みたいに、このブログの読者になって頂けると、嬉しいです。


90万ヒット、どうもありがとうございました!!!


Mr.Kidsより。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。