FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様へ 30000ヒット企画 (戯言なるままに)

(今回の記事は、(というか今回もw)自己満足、自己完結の記事です。このサイトを初めて訪れた方は見る必要は無いかもしれません。逆にいつも見てくださっている方には是非、見て欲しいです。僕からのわがままです)


遂にこの『戯言なるままに』というサイトのカウンターが

30000を超えました!!

いつも見てくださっている皆様、ありがとうございます!!
あと、報告がございます。

実はこのサイト、FC2のアクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学

20位


[サブジャンルランキング]
ライトノベル

3位


という結果に、おとといのアクセス数の異常な多さのお陰でなりました。

・・・言っておきます。



ここがピークですっ!!w



多分、偽アニメとか恋物語の感想記事を乗っけたりしたのがこの結果なんだと思うんですけど、絶対、これ以上はアクセス伸びないと思いますw。
だから、記念にこのサイトを覗いてくれる皆さんに報告しておこうとおもいまして。
いやぁ、小説部門でトップ20に入れたのはマジでビックリしました。
ホント、嬉しかったです。
・・・多分、この記事を読んで、懐かしみながら「こんな調子の良い時もあったなぁ」という風に思う日がこれから来るのでしょうねw。


僕がこのサイトを立ち上げて、もうすぐ一年になります。
あっという間、でしたね、やっぱ。
僕は最初、とあるサイトを見て、そのサイトの化物語の考察に感銘を受け、ブログを初めました。
僕もこんなブログを作りたい、と思ったと同時に、僕には出来ない、とも思いました。
だからやりませんでした、考察は。
かわりに、僕がただ単に思ったこと、感想を書くことに、ぶちまけることにしました。
このサイトを見てくださっている方は知っていると思いますが、僕は考察なんてしていません。
というか、出来ていませんw。
だって、その本の物語を引用しながら、思ったことを自分勝手に、身勝手にぶちまけているだけなんですから。
だから僕の記事はいつまでも感想記事であって、考察記事ではないんです。
とらドラ!の記事なんか見ていただければよくわかります。
自分がその物語に対して思ったことを、素直に書きました。
だから弔士くんは怖いと書いたしw、双識は変態だと書いたしw、八九寺が好きだと、大泣きしたと書きました。
僕がこの一年、このブログで一つだけ貫いたこと、貫けたことは「素直に書く」というこの一点だけのような気がします。

そしてやっぱ、僕がこのブログをやってて思うのは、西尾維新すげぇな、とw。
言ってしまえば、このブログは西尾先生に便乗してるだけですからねw。
あと竹宮ゆゆこ先生と、谷川流先生、・・・一応(←普通に失礼だろ!!)、比嘉智康先生ですね。
西尾作品が面白いことが前提にあって、このブログが評価されてるわけですからねぇ。
・・・自作小説、あげてみようかなぁ。

そんなわけで、僕がこのサイトについて思ったことなんかをつらつら書いてみました。
・・・あーあ、結局G行為だよw。
次はみなさんのために、って言ってたのになぁ。
まぁ、ここまできたら言わせてください。


僕のサイトを今も見てくださっている方


記事に拍手してくださる方


コメ下さった方々(特に何度もコメをしてれた方々。魅力的なブログをやってらっしゃるソラカルさん、僕が嬉しくなるような長文コメをしてくれるささみさん、本当にこのブログの最初の頃、まだカウンターが一日数十人の時代からコメを下さっていた西織さん)。


この記事を見てくださっているあなた


ほんとに・・・



ほんっとにありがとうございます!!



なんて戯言・・・ではなく、これは本音です。



じゃ、これからも最高の感想記事書いてくから、この先もよろしく!!



なんて、戯言なんだけどね。



Mr.Kidsより
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Mr.Kids様

30,000Hit、おめでとうございます。
(遅れましたが、今年もよろしくお願いします)



・・・例えば、ラノベや小説に限らず、音楽や映画、演劇でもいいのですが、
「自分しか好きな人間はいないよな」と思っている作家や作品があったとします。

ある時、ふと立ち寄った本屋やCDショップでその作品を手にとっている人を
見かけたら・・・・・・私は何だか複雑な気持ちになりながらも何だか嬉しくなります。


本屋のレジで同じ本を買う見ず知らずの人を見かけようが、図書館で熟読している人だろうが、
そして、インターネット上であろうが・・・


「自分の好きな作品を共有できる人(人達)がいる」


・・・というのは何ものにも代えがたい喜びです。


さらに、それについて同じ、あるいは異なる感想を交換できる場所があるならば最高です。


私にとって、自分の感想を言えるこの場は「その場所」です。

だから、

Mr.Kids様のサイトのアクセス数が増えようと、ランキングが上がろうと私にとってはあまり
関係はありません。


・・・嗚呼、こういうと、悪く聞こえますね。申し訳ありません。


ええっと、何というか、

Mr.Kids様のサイトなので、

カウンターやランキングを意識せずに好き勝手やって下さい、ということです。

その方が私も投稿もしやすいですし。


とはいえ、諸々、おめでとうございます。


文才ないため投稿は遅くなり難しいですが、いつも閲覧させていただいております。


ではでは

今後もこのサイトに何かいい事あったらいいな。

> ささみさん
お久しぶりです!!
今年もどうぞよろしくお願いします!!
というかコメ返し遅れて申し訳ありません・・・。

ホント、毎度嬉しくなるようなコメありがとうございますw。
ランキングとかカウンターとかに関しては、気にしていません!!
と言ったら嘘になりますがw、それがこのブログに影響を与えることはないので安心してください。
だってこんなん、絶対今だけですし(だから記念に、と自慢したわけですw)。
アニメ偽物語のクオリティ低い記事見てもらえればわかるように、僕は僕のやりたいように、勝手にやってます。
あ、あのヒット企画だけはどうしてもペースが速くならざるを得ませんが・・・次の企画、ホントどうしよ。
とりあえず、僕は自分勝手に記事をこれからも書いていくだけです。

言ってしまえば僕は、カウンターが一日に千を超えた時よりも、ささみさんなどのこのブログの常連さん方の名前がコメ欄にあると気づいた時の方が、よっぽど心臓がドキドキするんですよ。

・・・ほんと、カウンターの回しがいの無いブログですねw。
とにかく、


僕はカウンターとかランキングとかに振り回されず、ささみさんみたいな、このブログを「その場所」としてくれる方々に報えるようなブログを目指します。


とか言いながら、カウンターが上がったら喜んでPCの前で小躍りするんですよ、僕はw。
でも、今思う僕の本心は、そうです。



この場所が、あなたにとって心地の良い場所であれますように。



なんて戯言・・・ではないですね。



ではでは~、あなたにいいことあったらいいなv-422
プロフィール

Mr.Kids

Author:Mr.Kids
ライトノベルに現在進行形ではまっています。
読んだラノベの中でも特に好きなやつの感想を書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ツイッター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。